ラバー製のスマホケースで落としても安心

スマホは手で使うものなので、落とすことが前提のような商品です。もちろんちゃんとしたメーカーのものであれば、一応はある程度の衝撃に耐えられるように設計されてはいます。しかし、あくまでそれは必要最低限の場合がほとんどです。やはり、大事な情報がつまったスマホはケースをつけて保護するべきです。万が一落として壊れてしまったら取り返しがつきません。ある程度はバックアップしているかもしれませんが、プライベートなものもビジネスに関するものも、その大事な情報が失われてしまうかもしれません。衝撃に対して強いのはやっぱりラバー製のスマホケースです。最近はカラーバリエーションも豊富だし、ラバーといっても様々な種類のものがあり、なかにはラバー製には見えないものもあります。いろいろと選ぶ楽しみがあって、どれにしようか悩むのも本当に楽しいです。

おしゃれなスマホケースなら気分も上がる

昔はスマホケースと言えば、プラスチック製やラバー製のものが多く、デザインもシンプルなものばかりでした。最近では、レザー製のものや凝った布地のものまでいろいろな素材が使われるようになり、かなり選択肢が増えてきました。デザインもかなり目立つ奇抜なものを持っている人もいて驚かされます。特に布地タイプは最近よく見かけるようになりました。なかでも、ツイード生地のものは温かみがあって良いです。さらにチェックや千鳥格子の柄を組み合わせると、レトロな雰囲気も加味されて一層おしゃれになります。スマホという現代的な機械で、そのままでは冷たく無機質な印象なので、温かみのあるケースを付けることで親しみも増します。もちろん、表面は布製ですが、ケース内部は強度のある素材を使っているものがほとんどですので、本来の防護機能も備えていて安心です。

スマホケースには温かみのある布製が良い

以前はプラスチック製やゴム製のスマホケースを使っていたのですが、布製のものに変えて正解でした。布製はやっぱり手に馴染むし、見ていて落ち着きを与えてくれます。特に、スマホは電子機器類の代表のようなもので、どうしても人工的で無機質な印象がぬぐえません。布製のカバーをかけることで、この冷たい印象が温かみのある親しみやすい印象にがらりと変わります。体感としても、手に取る時にプラスチックやゴムの触感なのか、生地の触感なのかでは大違いです。もちろんレザー製のケースという選択肢もあるのですが、革は全体的にちょっと値段が高くなる傾向にあるし、やや大人の雰囲気が強すぎるように感じます。革製のものはビジネスパーソンにはしっくりくるかもしれませんが、女性や主婦、あるいはより親しみやすい印象もものを求める男性には布製が一番です。